アスリート向け.パーソナルMCトレ

土日は16時。平日19時30まで、当日予約OK

アスリート向けトレーニングのネット予約はこちらから

 

*バナーをタップで電話できます。

ご連絡はこちらまで【〒480-1113 愛知県長久手市山野田123 TEL/FAX:0561-63-4976】

ガチが楽しい大人向けMCトレーニング

ジュニアアスリート向けはこちら

写真はガッチリ鍛えている古江トレーナー。マニアックな筋肉トークを楽しみたい人は古江指名がおすすめ!「筋肉のためにどんな食事をしているのか?」なんてことを聞いたら最後。嬉しそうに詳細に話してくれますよ。(笑)初回指名予約はこちらから

ひまわりクラブに地元の人気トレーナーとしても紹介されました。

水泳のマスターズに挑戦中の古江トレーナー。MCトレ開始後3カ月で少しタイムがあがり1年後にグンとタイムが上がりました。やっぱり自分もやらないと言葉に力が乗らないので継続的に取り組んでいます。もう少しタイム上げたい欲もありますし。

こんな悩みはありませんか?

「スポーツに詳しいトレーナーにマンツーマンで見てもらいたい」
「後半バテる。何とかしたい。」
「スポーツは続けているけど、徐々にパフォーマンスが落ちてきた」
「短時間。週1で効果が出せるトレーニングなら最高。」
「身体のケアからトレーニングまで、一緒に見てもらいたい」
「ワンテンポ遅れる。。。身体、動きのキレをシャープにしたい」
「身体が重い・・・もっと軽ろやかに動けるようになりたい」
「瞬発力をめちゃくちゃ鍛えたい」
「女性だけどアスリートのようなバキバキなボディを目指したい(男性も歓迎)」
「ケガが多い。ケガをしない強靭な身体作りをしたい。」
「BIG3を鍛えるだけだとバランスが崩れるし疲れるようになった。補強トレーニング+最大筋力の反復能力、瞬発力の耐久力を上げたい」

 

プロスキーヤー堀島選手も30分で大満足

「スキーで大切なのはやっぱり技術。技術が一番大切なんですが、ある程度以上スピードが上がってくるとフィジカルも必要。技術を生かすためのフィジカルだったり、フィジカルありきの技術の修得が必要になったり。やっぱりフィジカルトレーニングは必要です。」

 

「ところが、私はあまり筋トレは好きではありません。(笑)まず一人では続きません。これは確定しています。(笑)「今日MCトレーニング行ってきたよー。」ってスキー部関係の仲間に話すと「マジで!?珍しい。超がんばってんじゃん!」と褒められます。(笑)」

 

「でも30分以上は無理かも(笑)パーソナルなのであんまり考えずに動きに集中できるのもメリット。そして短時間(笑)30分で一気にやってくれるので本当に助かってます。2時間筋トレ。とか絶対に続かないので。」

K-1松岡選手はスーパーロングの100分コース

「ビッグスリーなどサイズアップについては一般的なウエイトトレをしています。競技に必要な練習は基本的にはジムでやっています。satukiスポーツトレーナースタジオさんでは、まずは脛です(笑)タイ人に負けないぐらい強い脛を鍛えに来ています。(笑)マニアックでしょ。MCCを使うとメチャクチャ効きます。他ではできないトレーニングをやりにきています。脛トレ最高です。

 

真面目に答えると、一番最初はケガを減らすための相談とトレーニングが主目的できました。サンドバック打つだけで肩に痛みがきていたのがsatukiスポーツでの身体の使い方の助言とインナーマッスルトレーニング&ストレッチ&RIC&ソーマダイン治療。って結構色々やっていますね(笑)。とにかく今は大きな痛みはなくなりました。練習やり過ぎると少しうずきますが早めのケアで回復します。で肩の悩みはすっかりなくなったんですけど、気づいたらガッチリMCトレーニングもやるように。メチャクチャ効きます。ウエイトでパワーアップしておいて、さらにこちらでスピードアップと速筋の耐久力向上を目指して取り組んでいます。また普段の練習やウエイトでは付かないインナーマッスル系のトレーニングとバランスチェックも兼ねて隔週で利用しています。代表の丹羽さんは「最初から最後まで全力でラッシュできる無敵ボディを目指しましょう。」と無茶なことを言ってきますが、あわよくば狙っていきたいと思います。(笑)

 

身体を大きくしてもしなやかに軽く動けるように。少々崩されても立て直せるリカバリー能力の向上。イメージ通りに且つ速く思ったタイミングで出力をだせるように。それから脛(笑)マニアックだけど重要なトレーニングをお願いしています。

 

小さいケガは数知れずあるのでそれの回復も最後にやってもらえるので一石二鳥です。リカバリーアミノサプリもおいしいのでおすすめ。(笑)

中京大学。篠原教授に研究を依頼

速筋のトレーニング効果の数値化、速筋の耐久力の向上の数値化。などMCトレーニングの効果測定をお願いし現在進行形で研究していただいております。勘と経験でやってきたものをより具体的に解明していくことでさらなる効率アップと精度の向上をおこなっています。リハビリ、保健の分野ではMCトレーニングを取り入れることで認知機能やバランス能力の向上が確認されているので、認知から出力までの能力向上(速度とパワー)も視野に入れて順次取り組んでいただいております。

 

私も使ってます!!

代表トレーナーの丹羽です。

趣味レベルから全国大会レベルまで。

サポート実績多数あります。「長く運動を楽しめる身体作り」「自己ベスト更新」などお一人づつ目標が違えば内容や強度も変わってきます。大人とは言え自分の身体にかけれる費用はそれぞれちがいますよね。どのレベルの方でも、色々工夫することでおおよそ月1万円前後に収めることは可能です。月2万程度の予算があれば言うことがありません。身体のケアから身体を痛めない身体作り。内臓強化にコンディショニングサポート。トレーナーによるパーソナル補強トレーニング、もちろん最後まで出し切れる身体作り、パフォーマンスアップトレーニングまで。あなたのお悩み、目標お聞かせください。

 

私も週1で効果を実感。後半バテない。へたらない。

私自身MCCトレーニングをはじめたことで、趣味レベルですが、スキーでのコブの吸収動作への反応が良くなり、深く長く耐えられるようになりました。25年前の現役のときよりも調子良いんじゃないかと勝手に思っています。(笑)

 

短時間だから続く。週1でOk

MCCを採用することで、短時間でトレーニングが完了します。30分ガッチリ集中でOKsatuki式パーソナルMCトレーニングでは「ケガをしない身体作り」を基本に「速く長く滑らかに動き続けることができるようにするトレーニング」が得意です。コンディションがイマイチのときは回復ケアに内容をチェンジすることができるのも当院の強みですね。大人ですから色々ありますよね(笑)。

 

短期間でパフォーマンスアップを目指すなら。週2がおすすめ

週2回。3カ月~半年程度(本音は1年)継続してもらうと結果にコミットできます。

 

こだわるなら

50分トレーニングのガチトレコースで全身鍛えるのがおすすめ。ハイエンド向けに100分コースもご用意しております。エンジョイトレコースではピンポイント強化となります。一般アスリートレベルならしっかりトレでも十分対応可能ですが、ある程度優先順位を付けていく必要があると思います。

お客様実績もチラ見せ。

2022-2023シーズン。GSシーズンランク1位。田口選手

スノーボードアルペン(+35)

「テクニックも大事ですがやっぱり筋力超大事です!!少々のミスは問題なくリカバリーできるようになり積極的に攻めれるようになりました。」

 

ウルトラマラソン、トレイルラン。上位入賞多数。一般女性ランナーさん

距離を伸ばしていくたびにケガが増え、ウエイトやると身体が重くなりケガに繋がる。。。なかなか距離を伸ばすことができず伸び悩んでいたが、補強トレーニングを週1のMCトレに変更しがっっつり取り組むようにしてからケガ減りました!!週2の20分RICも取り入れることで内臓疲労系の蓄積もなくなり内臓が元気になったことで距離が走れるように。かなりおすすめ。

 

ゴルフのスイングスピードが爆上がり。男性ゴルファー

めちゃくちゃきついけど。めちゃくちゃスイングスピードが上がりました。きついけど止められません(笑)。

 

パーソナルとセルフをご用意

やっぱりおすすめ。パーソナル

人気なのは30分集中のしっかりトレ。ご案内からお会計まで60分程度時間が必要です。丁寧にヒアリングしその日のコンディションやメニュー構成など相談しそれからトレーニングスタート。一般の方でしっかり鍛えたい方におすすめです。

1回1回しっかり動くと、段々思考能力が落ちていきますよね。(笑)「パーソナルで一気に勢いで進めてもらわないと続かない。」「セルフは鋼のメンタルがないと難しい(笑)」と評判です。

 

「短時間集中でしっかり鍛えたい」をご希望の方はしっかりトレコースがおすすめ
「鍛えるポイントを絞ってアスリート仕様に変更」をご希望の方はエンジョイトレコース

週1回の利用で月額2万程度のしっかりコースがおすすめです。

MCトレ料金表はこちら

 

セルフコースならリーズナブル

自分でトレーニングメニューを考えて実施したい方におすすめ。疲労が溜まっているときは20分RICに変えることで回復に当てることも可能です。

セルフMC詳細はこちら

 

まずはお気軽にお試しください。

単純にMCCを体験したい方は通常のはじめての方。から。マニアック質問をたくさんしたい方は指名予約をご利用ください。

ご予約はこちら

 

身体のケアもおまかせください。

スポーツ系のお客様の施術実績多数

一般的なもみほぐし、整体、ストレッチ屋。では運動不足の肩こり向けのお客様が多く見えるため、そっち系の経験が積みあがりますが、当院はスポーツ系に特化しているため運動後の疲労回復ケアや運動時の痛みお悩み、コンディショニングサポートばかり。当院に努めているだけで、どのトレーナーでも経験値があがります。

 

ケガの治療もOK

傷めた組織の回復を5倍まで引き上げるマイクロカレントを使い患部のケアを行います。特に痛みがない場合でも疲労している部分に使用することで回復をサポート

 

身体を痛めないようにする身体つくり

ストレッチとインナーマッスルトレーニングをベースに身体を痛めないようにするためのサポートもおまかせください。どこよりもノウハウと経験があると思います。

 

愛知県教育委員会女性部向けの講習会。名古屋オーシャンズフットサルスクールさんでの講習会。MCA学会での講習会。など指導者向け、プロトレーナー向け、一般家庭向けの講習会実績があります。

 

お客様実績(MCトレーニング)

ベテランアスリートに大好評

「重たくならない」「ケガが減る」と好評です。

やはり通常のウエイトトレーニングだと、なかなか競技特性にマッチしないことが多いんですね。また、あまり身体を大きくするとケガしやすくなるのもベテラン勢の特徴です。MCトレを導入してから調子が良いと好評です。自分で調整できる人向けのセルフコースもご用意しております。

 

コンディショニングもお任せください。

疲労回復と身体のキレの向上とコンディショニングを目的とした「コンディショニングトレ」トレーニングが難しいコンディションのときは「ほぐし」。上手く腹筋、体幹を鍛えることができないとき、腰痛予防のために「コアレ」。メニュー構成もお客様の状態やご希望によって随時変更OK

 

「年を重ねていてもまだまだ進化」年単位で継続の方が多数在籍

MCCを使った駆血トレーニングは、あらゆるレベルのベテランアスリートに大好評です。あなたのこだわりと目標をお聞かせください。

年々鍛えにくくなる瞬発力アップを狙った速筋トレーニング
酸欠状態からのパフォーマンス向上を狙った駆血トレーニング
ケガの予防、疲労回復、身体を重くしないためのコンディショニングトレ

「コンディショニングトレ」「パフォーマンスアップトレ」お客様の目的とご要望に応じて調整しております。普段のルーティンの中に週1回。MCトレーニングを導入するのがおすすめです。

 

ジュニアアスリートの実績多数

 

代表レベルからレギュラー獲得の子まで

パーソナルだから、一人一人にピッタリな内容に調整していきます。「目標や課題」「現状把握」「本人の気持ち」を総合的に考えてムリなく丁度良いくらいのトレーニングを目指して調整します。年代別ナショナルチームクラスから一般の子まで実績多数あり。

 

スピードアップとコンディショニング

MCCを使い、低負荷で速い動きを中心に行います。「気持ちが乗らない時」「練習で疲れている時」はどうしてもスピードが落ちますが、コンディショニングトレーニングとしては有効です。頑張って動けたときはパフォーマンスアップトレーニングとして最高です。

 

ジュニアだから安心安全に

ジュニア世代には早いとされている。「一般的なマシンを使ったウエイトトレーニング」「加圧トレーニング」とは違います。

感覚的にはダッシュを何本もやるようなトレーニングを45秒~60秒程度で再現する感じです。ダッシュやジャンプ、基本的な体幹トレーニングの延長の負荷を利用して行います。

 

現役アスリートの実績多数

 

「日々の練習の効果を最大化」

MCCの研究、調査、データ取りは、主に大学生の運動部に所属する学生さん。能力向上の結果についてはトレーニング内容により様々ですが、総じて「RICをやると調子が良い」「今が一番調子が良い」と学生さんが言うそうです。普段の練習の疲労抜きとコンディショニング向上のための「20分RIC」反射的な筋収縮を高めるための「高圧、低負荷」で行うパフォーマンスアップトレ。是非一度体感してみてください。

 

「実績は?」

2022‐2023シーズン。全日本技術戦不整地1位。堀島選手もご愛用。

K-1松岡選手も隔週で継続中 

完走が目標だったマラソンランナーがBIGな大会でも常に上位10%以内に入れるまでに。

コンディショニングもお任せください。

疲労回復と身体のキレの向上とコンディショニングを目的とした「コンディショニングトレ」トレーニングが難しいコンディションのときは「ほぐし」。上手く腹筋、体幹を鍛えることができないとき、腰痛予防のために「コアレ」。メニュー構成もお客様の状態やご希望によって随時変更OK

 

実績(over30)

・元ツアープロ。プロゴルファー

・全日本優勝、スノーボード選手(アルペン)

・全日本ランキング総合1位(GS+35)アルペンスノーボード選手

・トレイルランニング、100キロマラソン上位で完走多数(女性)

・今は特にスポーツはしていないがバッキバキアスリートボディを目指したい方(男性、女性、ともに実績あり)

 

実績(20代以下)

・アンダー世代日本代表。テニス選手

・世界大会2位。フィギュア

・インターハイ 2年連続1位 ロードバイク

・高校生チャンピオン。大学生でも国体優勝。モーグル選手

・全国大会出場選手多数。プロクラブ所属ユース選手複数。

 

MCCトレーニングでできること。

短時間で効果的

自宅トレと比べ同じ回数でもスピードアップ効果が3倍

高齢者向け運動教室でMCCが採用されたときに、同じトレーニングメニューでMCCありで1週間、MCCなしで1週間。最初の週にMCCありのAグループ。後の週でMCCありのBグループ。に分かれて検証したところ。両社ともに歩行速度、歩行姿勢が向上。改めて年齢を重ねてからトレーニングをはじめても筋トレ効果があることが実証されました。MCCありのトレーニング直後はなしの場合と比べて約3倍程度、歩行速度がアップ。MCCによる速筋トレーニング効果が実証されました。

筋肥大は難しいが筋肉内脂肪は減少するか

太くはならず、引き締まる

臨床ベース、論文ベースにおいても、MCCトレーニングのみでの筋肥大は僅かに+する場合もあればマイナスとなる場合もある。除脂肪ベースで筋肉量をみるとあまり変化がみられないが、単純な運動効果なのかMCCなのかは不明だが脂肪量は減少。現在エコーで継続的な測定をすることで筋肉内細胞が減るのか検証中であり今後の報告が気になるところ。当院の臨床ベースでみても、アスリートのような無駄のない筋肉になっていくように感じます。

ウエイトトレーニングより効果的なのか?

最大筋力の向上と筋肥大はウエイトトレの方が効果的。瞬発力の向上スピードアップ、繰り返しのスプリント能力の向上(瞬発力の耐久力、持続力)はMCC。

既にガシガシウエイトトレーニングをやってきているアメフト選手に一定期間血流制限下でのトレーニングを行ったところ、最大筋力の向上(ベンチプレス〇○○キロなどの向上)は見られなかった。最大筋力は同じであるが上げるまでのスピードや動きの質。力の入れやすさ(出力の出しやすさ)は向上した。また、繰り返しの全力運動を行った際に後半の落ち込みの軽減効果が高く最後も力強く動けるように。最大限効率よく筋トレ効果を得たい場合は週に2回のトレーニングが推奨となるが、目的とトレーニング期にあわせてウエイトトレーニングとMCCトレーニングを上手く組み合わせるのが推奨される。よくあるウエイトを頑張ったので最大筋力は上がったが動きが鈍くなった。というウエイトトレーニングの欠点を補うことが期待される。臨床ベースではあるがウエイトトレーニングをしっかりやっている人はMCCトレーニング後のパンプアップを強く実感されることが多い。毛細血管の拡張反応によりウエイトトレーニングの効果を大きくしている可能性がある。コンディショニングを優先する場合はRICのみでも良い効果が得られるかもしれない。

目的から考える。

最大筋力の向上。バルクアップ

ウエイトトレーニングの効果を最大化するために週1~隔週に1回

週に2回のウエイトトレーニング(同じ部位は週に2回が推奨)を中心に週1、もしくは隔週程度でMCCトレーニングを行いウエイトトレーニングの欠点を補いパンプアップの効果を狙うのがおすすめ。当院であれば上手く力を抜いた状態でのボディコントロールなどもサポート。瞬発力を上げ最大筋力をしっかり生かす身体作りをサポートします。力が入りやすくなればウエイトトレーニングも捗り良い循環に。結果的に動きの質を上げていくお手伝いとウエイトトレーニングの効果を最大化するお手伝いができます。

瞬発力の向上

テニス、サッカー、ゴルフの方に好評。週に1,2回がおすすめ

既にウエイトトレーニングをガッチリやっている方の最大筋力の向上は見込めませんが、最近はあまり筋トレしていない。やっても自重トレのみ。の場合は最大筋力の向上も含め、繰り返しのスプリント能力の向上、反射速度、瞬発力の向上が見込めます。

体重を増やさず瞬発力の向上

クライミング。トレイルラン。自転車。格闘技の方に好評です。週に1,2回がおすすめ

ウエイトトレーニングでは最大筋力の向上の効果もあるが身体大きくなってしまう効果もあります。MCCトレーニングであればウエイトトレーニングほどの最大筋力の向上効果はありませんが一般的な自重トレや軽い負荷でのウエイトトレーニングより最大筋力の向上が見込まれます。反射速度や瞬発力の向上効果はもちろん。瞬発力の持久力、耐久力の向上効果も得られます。

身体の引き締め効果

有酸素運動と週に1,2回のMCトレ。食事は無理ない範囲で気を付けて。

食事、有酸素、MCトレ。のバランスが大切です。運動しても食事が食べ放題では脂肪が増え身体も大きく、、、食事と有酸素のみでは痩せるかもしれないがたるみが、、、MCトレのみだと脂肪の下はカチカチアスリートボデだけど、、、腹筋関係が苦手な方は業務用EMSコアレをご用意しております。筋トレすれば少なくとも鍛えた筋肉の筋肉内脂肪は減少しています。(大学での探索的研究の副産物としての発見レベル)お気軽にご相談を。

普通の人がアスリートのようなバキバキボディを目指したい場合は、週に5日2時間程度のトレーニングタイムの確保が理想。有酸素3日(ランニングや自転車、水泳)筋トレ2日。お休み2日。さらに食事も気を付ければ、、、ええ、そこまでやれる人はレアですね。(笑)まずは週に1回のMCCトレーニングからはじめませんか?

ハイエンド向け選手コース

最大筋力の向上も最大化したい場合

週1回のMCトレ+週1回のウエイトトレ。動きの質を落とさずに身体も大きく強くしていきましょう。

最大筋力を落とさず瞬発力と瞬発力の耐久力の向上

ウエイトトレ隔週+週1,2回のMCトレ。MCトレでもある程度最大筋力の向上効果はありますが、ウエイトをガッチリやってきた人がウエイトトレを完全に止めてしまうと最大筋力が落ちる可能性があります。キープなら隔週で十分です。

補強トレーニングとして活用したい

普段は競技の練習ばかりで筋トレはしない。(好きじゃない)。週に1回のMCトレとバランス回復ストレッチ+体幹トレ(アスリート向けコースで対応できます。)がおすすめ。競技ばかりだと筋力バランスと関節可動域が偏ります。偏るとパフォーマンスの低下ケガの原因ともなります。長くケガ無く続けるために補強トレは大切です。

どんなトレーニングをしているのですか?

当院のトレーナーは全てMCCトレーナー資格を取得しております。トレーナーがお客様ごとの目的と体力。その日のコンディションをみて、トレーニングメニューをチョイスしお客様と共有しながら内容をアレンジして行っております。

リハビリトレーニング

生活動作の獲得のために行うトレーニング。なるべく生活動作に近い動きを取り入れて行います。

エンジョイトレーニング

筋力低下の予防や緩やかなダイエット。健康目的の方のための内容。基本的には生活動作に近い動きを取り入れつつ、少し負荷のかかるトレーニングまで。1セット45秒×8セットを基本に全身バランス良く無理ない範囲で行います。お客様の状態(筋力、体力、その日の気分)をお伺いしながら調整します。

コンディショニングトレーニング

筋力アップよりも血流改善効果、柔軟性の回復向上を優先した内容です。疲れがあるが少し動きたいとき。バキバキな身体を回復させたいときに。

パフォーマンスアップトレーニング

高圧、低負荷。45秒流して動いて筋肉内を十分に酸欠状態にした後、スピードアップ。20秒~動けなくなるまで、なるべく高速で動きます。普段ウエートトレーニングをしているのになかなかパフォーマンスが上がらないとお悩みの方にもおすすめです。低負荷なので安全です。ジュニアアスリートはこちらの内容がメインとなります。

パワーアップトレーニング

一般的な加圧トレーニングに近い内容です。加圧トレーニングよりも酸欠状態で行うので効果的です。また、加圧トレーニングと違い1セット毎に除圧できるので安全。一般成人向けです。

アイソメトリックトレーニング

一般向けのパワーアップトレーニングとしても活用しています。MCCで酸欠状態にすることで一般レベルなら十分な強度となります。動きが少ないので効かせるポイントを意識しやすいので運動が苦手な人でも効かせやすい。

コアトレーニング

カフを巻き。酸欠状態にすることで通常よりも短時間で効いてきます。

インナートレーニング

MCCを活用することで通常なら筋トレとしては効かないような体操レベルの動きでインナーマッスルトレーニングとなるのが特徴です。短時間で効率よく鍛えることが可能となります。

RICトレーニング

スペシャルハードです。5分間駆血の状態で鍛えます。お客様に使うことは基本的にはありません。

パフォーマンスアップRIC

両手両足、20分からRICを行います。動く必要はありません。RICの効果を最大化したいときに行います。疲労抜き、試合前のコンディショニング、バテにくい状態(虚血耐性の強化)にすることができるのでリハビリレベルの方にもおすすめ。

お客様からの質問より

よくある質問にお答えしました。

めちゃくちゃキツイですか?

問答無用でスペシャルハードにすることはありませんのでご安心ください。

 

お客様ごとの「筋力、体力」「目標、目的」「その日のコンディションと気分と希望」をヒアリング、把握した上で、その日の内容を決めていきます。

身体の状態によって、ほぐしコースやコアレに変更も可能です。だから続くと好評です。

 

もちろん、「ある程度の筋力、体力がある」「最速でのパフォーマンスアップを希望」「やるならやっぱり、がっつり追い込んで欲しい」という場合はガッチリハードモードにしますのでガチ勢の方もご安心ください。大歓迎です。(笑)

がっちりやりたいのですが、予算が気になります。

全部やりたい。なら「ガチトレコース」ですが

「ポイントを絞って」がっちりやる。ことも可能です。

一般の人なら1セット1分で十分に追い込めます。アスリートでも同じ部位を1分×2セットやれば、かなりきます。3セット目は、、、かなりヤバい。と評判です。

 

一般の方で週1スポーツを楽しむ方の予算目安

週1回で月1万円程度。アスリート向けしっかりコースなら月2万程度

週1会員詳細はこちら

ご利用コースはエンジョイトレーニングコース。おおよそ全身のトレーニングを行うことができます。部位を絞ることでアスリート向けに変えることも可能です。腹筋だけやっていく人。ハムストリングと大殿筋のみやっていく人(ダッシュ力の維持と向上)。など各種いらっしゃいます。(笑)お気軽にご相談いただければ。

物足りなくなってきたらセット数の追加

1分×3セットの追加+1100円

一般の方でスポーツを楽しむ方の場合。エンジョイトレに3セットの追加を利用されるケースは多く、このあたりで満足される方が多いです。

 

ガチ勢。におすすめなのは「ガチトレコース」

本格的に取り組みたい方向け。全身ストレッチなども取り入れて「パフォーマンスアップ×ケガ予防」より本格的にサポートします。

プロも満足。本気の本気の人限定「100分コース」

全身のトレーニングが必要な競技の場合で(ゴルフなど)自己ベスト更新を目標にされる方。トレイルラン、100キロマラソン、トライアスロンなど普通の人が挑戦しないような(笑)競技の方。現役選手で全身の瞬発力と耐久力を付けたい方限定のコース。トレーナーもそれなりの覚悟をもって入ります!!

お客様の利用傾向

エンジョイトレの範囲内で強度を上げて行う方。3セット追加して全身バランス良くある程度の強度で行うケース。一般の方であればこのあたりの内容で十分満足される方が多い印象です。入門トレーニングコースでは物足りない感じとなります。

気持ちはガチなんですが体力に自身がありません。

ご安心ください。一人一人体力筋力をみて調整しております。「今できる範囲」「できる限りギリギリを狙って」トレーニング内容を調整していきます。個別対応していくことが、パーソナルMCトレーニングの良さでもあります。

毎日通わないと意味がないですか?

積極的に筋力アップを狙うなら週に2日
ゆるやかに筋力アップを狙うなら週に1回。
筋力、体力の低下を防ぐのが目標。2週に1回

トレーニング後は回復する時間も必要です。大人なら尚更、、、おすすめは週1回です。

必ず代表トレーナーがみてくれるのですか?

指名予約をしていただくことで可能です。

お得に続ける方法はありませんか?

・お得なのが永年会員。5万円分のプリカを一回購入すると永年会員価格適用でご利用できます。不定期利用となっても最もお得となりおすすめです。

MCCマシンだけ使わせてもらえませんか

可能です。

セルフMCトレ会員をご用意しております。。

MCトレーニングってなんですか?

赤ちゃんから寝たきりまで対応可能な駆血コントロールマシン。MCCを使って筋肉を低酸素状態にし関節の曲げ伸ばしを行います。座った状態や寝た状態で関節を曲げ伸ばしするだけでOKなので着替え不要で短時間で高効率な速筋トレーニングをレベルに合わせて行うことが可能なんですね。

 

しかも低酸素状態でのトレーニングなので、パフォーマンスの向上に重要な速筋を手軽に鍛えることができます。(通常のトレーニングで速筋を鍛えようとするとかなりのハードワークが必要になるため、メンタルも時間もテクニックもかなり必要になります。)

加圧トレーニングとMCCトレーニングの違いは?

一番大きいのはバンドと圧のかけ方の違いです。

加圧トレーニング

・トレーニング開始まで時間がかかる。*バンドを筋肉のない場所(脇など)に静脈を止める強さでバンドを巻き5分程度待ちます。静脈が止まるので徐々に浮腫んだ状態になります。その後スロートレーニングを行います。身体能力がある程度ないと失神リスクが高いので体力がある成人のみが対象となります。

・小中学生には向きません。5分待つ間に動いちゃったら台無し(笑)

・一旦圧を抜くとまた5分待たないといけないため、もったいない精神が働いて無理をしてしまう。(無理をすると失神リスクが高まる。小中学生に向いていない本当の理由はコレ)

・バンドはAmazonで手軽に買える。自力でやろうと思えばできる。

 

MCCトレーニングの場合

・スグにトレーニング開始。筋肉に直接幅広のバンドを巻き専用のマシンを使い安全に圧をかけます。数秒後にはトレーニング開始し40秒から2分以内に圧を抜きます。静脈だけではなく動脈の流れも制限することでより低酸素状態でのトレーニングとなります。さらに早い動きもできるのでトレーニングのバリエーションが広がります。

・赤ちゃんから寝たきりまで対応可能です。

・加圧、除圧がワンタッチですぐにできるため無理をしなくて良い(通常40秒~2分。最大でも5分以内に除圧します。だから小中学生でも安全にできるのです。)

・マシンが高価。

 

どれくらいの頻度で通うことになるのですか?

おすすめは週に1回です。2週間以上間があくと筋力低下がはじまると言われています。衰え防止なら2週間に1回。

 

時間はどれくらい必要ですか

ガチトレコースは約75分程度

エンジョイトレなら約25分

ご不明な点などお気軽にお問い合わせください。

ご連絡はこちらまで【〒480-1113 愛知県長久手市山野田123 TEL/FAX:0561-63-4976】

 

初回指名予約も可能です。

「色々質問したいので最初は院長にみてもらいたい。」 

「やはり経験豊富なトレーナーにチェックしてもらいたい。」

とお考えの方は指名予約も可能です。

マニアックな質問をたくさんしたい方も歓迎。院長指名をご利用ください。(副院長、もしくはチーフトレーナーも対応可能です。)最後まで話を聞いてじっくりと対応することをお約束します。

事例(一般の方)

・フットサルをはじめ運動を楽しむ男性

お悩み、目標

・年々衰えていくので、瞬発力を鍛えておきたい。

・1人で筋トレするとムラがでるので誰かにチェックしてもらった方が良いことに気づいた

・通常の筋トレだとやり過ぎて古傷に痛みがでることがある

メニュー、内容

週1しっかりトレ。たまにおまかせケア

トレーナー丹羽よりひと言

速筋がつくようにメニューを工夫してトレーニングを実施。筋トレは週1、体のケアは月1で。「自分でジムに行って鍛えていた時よりもかなり時間が節約できているし、筋力アップも実感できている。」という話もいただけました。

・200キロマラソンを目指す女性ランナー

お悩み、目標

・走りこむ量を増やしたいが、子供もまだ小さいためなかなか増やせない。

・あんまり走りこむと古傷が痛むので、負担をかけずに追い込みたい

・トレイルランニングもしたいしフルマラソン、100キロマラソンでタイムも上げたい

メニュー、内容

週1回100分コース。+週1、2回20分RIC

トレーナー丹羽よりひと言

MCCを使えばいきなり筋肉内を低酸素状態にできるので、特に追い込まれた状態でのトレーニングを実施しています。RICモードを使い内臓系、血管系のトレーニングも行っています。

続けた結果

色々試した結果。普段の練習はとにかく距離を踏む練習のみ。スピード練習はMCトレにまかせっきり。MCトレでガッチリ追い込むようになってからケガが減るしタイムが上がりました。少々スピード上げてもバテなくなったので、スピード練習は好きじゃないこともあり普段はほとんどやらなくなりました。大会前に自分の今の限界を知るためにやるだけです。完走が目標で、いつも後ろの方だったのが今や上位10%以内は入れるように。距離もドンドン伸びてタイムは上がっています。ケガも減った。走るのが楽しいです。(笑)これからも続けます。

・マラソンで自己ベスト更新を目指す男性ランナー

お悩み、目標

・走りこむ量を増やしたいがなかなか増やせない。

・スピードを上げたい

メニュー、内容

ガチトレコース、念入りケア(週1交互)

トレーナーよりひと言

MCCを使えばいきなり筋肉内を低酸素状態にできるうえに速筋も鍛えやすい。追い込まれた状態でのスピード強化をイメージしてトレーニングを実施しています。RICはオリンピック選手も常用するコンディショニングモード。大学を主体にした実証研究ではいつも学生に人気で自己ベスト付近が安定して出るようになると好評。

・キレのあるダンスを教えるダンスの先生(女性)

お悩み、目標

・1人だとどうしても甘えてしまう。

・爆発的な動きと柔軟性を伸ばしたい

メニュー、内容

しっかりトレ

トレーナー丹羽よりひと言

身体のキレを上げジャンプ力をあげ身体の軸の強さを作る。MCCを使って速筋を鍛えていく方向でメニュー調整。RICモードを使い内臓系、血管系のトレーニングもイメージして行っています。

・健康美を磨き上げるために

お悩み、目標

・出産後、緩んでしまったので引き締めたい。

・自分でも色々やるんだけど週1でキッチリやっておきたい。

メニュー、内容

エンジョイトレ+3セット。疲れているときは「ほぐし」も追加

トレーナーよりひと言

ウエイトを使わないので体のラインをシャープにしたい方に向いています。(ムキムキにならない)産後の骨盤矯正+ボディメイクというイメージでやっています。

続けた結果

健康診断でウエストが6CMマイナス!!ヒップも計って欲しかったけどそこは検査項目にないと。残念。よくなっている自信はあるんだけどな。みんなにおすすめしたいです。

いくつになってもまだまだ伸びます。

「もう年なのか?もう伸びないのか?いやいやまだまだやれる。。。はず。」

こんな考えが頭をよぎったことはありませんか? 

 

筋力はいくつになっても伸びていくことがわかっています。ただ、速筋を鍛えるのはなかなか難しい。。。適切に速筋だけに負荷をかけることができれば、、、

(競技のレベルを上げたい場合は、最大筋力の65%以上の負荷をかけながら柔らかく早く動かす必要があります。) 

MCトレーニングでは専用のマシンとカフを使うことで筋肉内を低酸素状態にすることで、無酸素運動に近い状態を作れます。そうすると速筋のみしか動けないので最大筋力の65%以上の負荷をかけなくても速筋トレーニングが行えます。重いものをもたなくても速筋トレーニングができるので柔らかく早く大きく動かすことができるので競技のレベルを上げるためのトレーニングに最適な方法です。さらに低酸素状態でのトレーニングなので、パフォーマンスが後半になっても落ちにくい身体作りにもなります。

トレーナーがマンツーマンで付き、お客様の状態を確認しながら専用のマシンを操作し最適な状態にしますから安心してくださいね。

 

まだまだ成長できる。まだまだ負けない。そういうあなたを応援します。

「1人でも多くの人にスポーツを生涯楽しんでもらいたい。」そんな思いであなたのスポーツライフを全力で応援していくことをお約束します。「何もスポーツはやっていないけどバッキバキアスリートボディを目指したい方」も歓迎です。

*当店のMCCパーソナルトレーニングでは、ムッキムキ筋肉マッチョボディを目指すのには不向きです。(週2バルクアップのためのウエイトトレ、週1MCトレーニングで出力向上速筋トレ。という形で貢献していくことは可能です。)MCCのみの場合は頑張れば頑張るほど引き締まったバッキバキアスリートボディに近づいていきます。